2015.11.19

インテルGKハンダノヴィッチがスロヴェニア代表引退へ「やりきった」

17日のウクライナ代表戦に出場したGKハンダノヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチが代表引退を示唆した。17日、イギリスメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 スロヴェニア代表は17日に行われたユーロ2016プレーオフでウクライナ代表と対戦し、1-1の引き分け。14日に行われた同ファーストレグで0-2と敗れていたため、2戦合計1-3でスロヴェニア代表の敗退が決まっていた。

 試合後、インタビューに応じたハンダノヴィッチは、「私が言えることは、代表チームではやりきったということだ」と話し、代表を引退することを示唆した。

 現在31歳のハンダノヴィッチは、2004年11月17日のスロヴァキア代表戦で代表デビュー。以後11年間に渡り、代表通算79試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る