2015.06.15

デル・ボスケ監督、ユーロ2016後退任へ「意思は変わらない」

デル・ボスケ
スペイン代表を指揮するデル・ボスケ監督 [写真]=Getty Images

 スペイン代表を率いるビセンテ・デル・ボスケ監督はユーロ2016終了後に退任する意向であることを明かした。

 デル・ボスケ監督は14日に行われたユーロ2016予選のベラルーシ代表戦でスペイン代表就任100試合を達成。この試合で1-0の勝利を収め、メモリアルマッチを白星で飾った。

 試合後、スペイン紙『アス』のインタビューに応えた同監督は「私はユーロ2016終了後に退任すると決めている。何を言われても私の意思は変わらないよ」と、自身の去就について明かした。

 退任後については「家族との時間を過ごしたい」と話した上で、「スペインサッカー連盟は私の家だと感じる。彼らは私にいつでもアドバイスを求めることができるよ。ただ後任の監督の仕事に干渉したりはしない。必要であれば、敬意をもって意見したいと思っている」と、今後もスペインサッカーに関わっていくことを示唆している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る