FOLLOW US

イタリア、終盤にブラジル出身FWエデルの初ゴールで追いつきドロー

同点ゴールを挙げたエデル(右) 【写真】=Getty Images

 ユーロ2016予選が28日に行われ、グループHではブルガリア代表とイタリア代表が対戦した。

 イタリアはここまでの予選を3勝1分で終えグループ2位。ブルガリア戦は、FWチーロ・インモービレを先発メンバーで起用しこの試合に臨んだ。

 試合は開始早々に動く。4分、イタリアが左サイドから攻めこむと、アンドレア・ベルトラッチがクロスボールを供給。これがブルガリアのヨルダン・ミネフに当たってゴールに吸い込まれ、イタリアがオウンゴールで先制点を挙げた。

 先制を許したホームのブルガリアは11分、スタニスラフ・マノレフからのパスを受けたイベリン・ポポフが巧みなボールコントロールから、右足を振り抜き同点弾を奪った。

 勢いに乗るブルガリアは17分、シモーネ・ザザからボールを奪取し、素早く攻撃に切り替え、ポポフがボールを運ぶ。ポポフがペナルティ右のゲオルギ・ミラノフにつなぎ、クロスを上げる。ゴール前に飛び込んだイリヤン・ミツァンスキがダイビングヘッドで合わせ、ブルガリアが逆転に成功する。

 イタリアはセットプレーから反撃を試みる。59分にCKのこぼれ球をマルコ・ヴェッラッティがシュートを放つ。80分には再びCKのこぼれ球をジョルジョ・キエッリーニが左足で狙ったが、得点には至らなかった。

 苦しい状況に追い込まれたイタリアだったが、初招集のブラジル出身FWがチームを救う。83分、左サイドのキエッリーニが途中出場のエデルにパスを送る。ゴール前でボールを受けたエデルはそのまま反転し、右足でゴール右隅に突き刺した。エデルにとっての代表初ゴールが、貴重な同点弾となる。

 試合はこのまま2-2で終了。試合終盤で追いついたイタリアが、辛くも勝ち点1を獲得した。

 イタリアは31日にイングランド代表との親善試合に臨む。

【スコア】
ブルガリア 2-2 イタリア

【得点者】
0-1 4分 オウンゴール(イタリア)
1-1 11分 イベリン・ポポフ(ブルガリア)
2-1 17分 イリアン・ミツァンスキ(ブルガリア)
2-2 83分 エデル(イタリア)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO