FOLLOW US

モラタの代表初ゴールが決勝点…スペインがホームでウクライナに勝利

代表初ゴールを挙げたモラタ(左)と喜ぶイスコ(右) [写真]=Getty Images

 ユーロ2016予選が27日に行われ、グループCではスペイン代表とウクライナ代表が対戦した。

 今年に入って初の代表戦となったスペインとウクライナ。ユーロ予選はお互いスロバキア代表に敗れ、3勝1敗で同試合を迎えた。スペインはFWジエゴ・コスタが負傷で離脱したため、トップにはFWアルバロ・モラタが入り、中盤にはイスコアンドレス・イニエスタダビド・シルバらが先発メンバーに名を連ねた。

 開始9分、ホームのスペインはイニエスタからのスルーパスでエリア内右に抜け出したモラタが、右足を振り抜くも、シュートはわずかに左に外れた。一方のウクライナは14分、右サイドからのFKに、アルテム・フェデツキーがフリーでダイレクトボレーを放つが、枠をとらえられない。

 すると28分、コケのパスに反応したモラタが、エリア内中央に抜け出し、倒れ込みながらも飛び出したGKの頭上を越えるループシュートを放ち、先制点となるゴールを奪った。先制したスペインは41分、右サイドからFKにセルヒオ・ラモスがヘッドで合わせるが、クロスバー直撃で追加点とはならなかった。前半は攻勢に出たスぺインが1点リードで折り返す。

 後半に入ってウクライナがチャンスを作る。51分、右サイドからのFKにルスラン・ロタンが中央へボールを送ると、誰も触らずそのままゴール左隅に飛ぶが、GKイケル・カシージャスがなんとか弾き出した。57分には、カシージャスのパスをカットしたロタンがそのまま左足を振り抜くが、強烈なシュートはカシージャスの正面。さらに66分には、味方からのマイナスの折り返しにエリア内中央へ走り込んだロタンが左足で合わせるが、これもカシージャスが正面でセーブした。

 再三のピンチを切り抜けたスペインは87分、途中出場のサンティ・カソルライスコとのワンツーでエリア内中央へ抜け出し、ダイレクトでシュートを放つが、相手GKがわずかに触り、枠を外れた。

 試合はこのまま動かず終了。モラタのゴールで先制したスペインが、ウクライナに1-0で勝利した。スペインは勝ち点12でグループ2位に、ウクライナは勝ち点9で3位となっている。

 スペインは31日にオランダ代表と、ウクライナは同日にラトビア代表との親善試合に臨む。

【スコア】
スペイン 1-0 ウクライナ

【得点者】
1-0 28分 アルバロ・モラタ(スペイン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA