2014.10.14

ウェールズ監督、キプロス相手の勝利に「今日の勝ち点3は大きい」

コールマン
ピッチサイドで檄を飛ばすコールマン監督 [写真]=Getty Images

 ウェールズ代表は13日、ユーロ2016予選グループB第3節でキプロス代表と対戦し2-1で勝利した。ウェールズ代表を率いるクリス・コールマン監督は、退場者を出した後もチームが貪欲な姿勢を見せたことに満足感を示している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ホームにキプロス代表を向かえたウェールズ代表は、13分にMFデイヴィッド・コッテリル、23分にMFハル・ロブソン・カヌが得点を奪う。その後、前半のうちに1点を返されると、47分にMFアンディ・キングが一発退場となり、ウェールズ代表は数的不利に陥る。しかし、1点のリードを守り切り試合終了を迎え、勝ち点3を獲得した。

 コールマン監督は、退場者を出したシーンを振り返り、厳しい戦いを強いられた中で、選手たちが見せた戦う姿勢を称えた。

「本当に心臓が飛び出すかと思った。レッドカードが出された瞬間、我々は窮地に立たされてしまったと思ったね。2-0になってから3点目、4点目を奪う必要があったのだ。リードしてからは少しずさんな戦い方になってしまった。だからこそ(レッドカードを提示されて)より難しい試合になると思った。総崩れもあり得る状況だったね」

「ハーフタイムではもっと落ち着いて自分たちのプレーを見せようと伝えていたが、その矢先に退場者を出してしまった。本当に難しい試合だったが、それでも選手たちへの信頼が揺らぐことはなかった。このチームは誰もが貪欲で、次の点を欲している。今日の勝ち点3はとても大きなものだよ」

 ウェールズ代表は、ユーロ2016予選の初戦でアンドラ代表に2-1で勝利。第2節のボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表との対戦ではスコアレスドローに終わったが、第3節のキプロス戦で勝利し、勝ち点7でグル-プBの首位をキープしている。 

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る