FOLLOW US

イングランド人のユーモア?…枠内被弾0のGKハートがMOM投票トップに

サンマリノ戦に臨んだイングランド代表メンバー [写真]=The FA via Getty Images

 イングランド代表は、9日に行われたユーロ2016予選のクループEでサンマリノ代表と対戦し、5-0で勝利した。イングランド代表のメインスポンサーであるイギリス自動車メーカー『ボクスホール』が行ったマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)の投票で、ほとんどプレーに関与しなかったマンチェスター・C所属のGKジョー・ハートがトップに輝いた。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 イングランドは同試合、DFフィル・ジャギエルカ、FWウェイン・ルーニー、FWダニー・ウェルベック、MFアンドロス・タウンゼントのゴールに加えて、ルーニーのシュートがDFのオウンゴールを誘い5-0で快勝している。『UEFA.com』が発表したスタッツでは、同試合でのイングランドのポゼッション率は70%となっていた。

 イングランドはこの日、被シュート数は1本で、枠内シュートは0だった。さらにハートがボールにタッチした回数は19回と、ほとんどプレーに関与していないことがわかる。それにもかかわらず、イングランドのファンがツイッターで投票し選出されたMOMでは、ハートが63パーセントを獲得。11パーセントで2位となったMFジャック・ウィルシャーを圧倒してトップとなった。

『ボクスボール』のツイッターでは「ジョ・ハートが63%の投票を受けて、ファンのイングランド代表MOMに決定」と発表している。これに対して同紙は、「イングランド人がユーモアのセンスを見せた」、「ハートをMOMに選出することで、イングランドのファンは決まりきった勝利を楽しむ方法を見つけた」と報じている。

 なお、同試合での公式MOMはフル出場したウィルシャーが受賞している。
 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO