2014.09.08

独指揮官、スコットランド撃破に「大変満足」…ユーロ予選初戦勝利

レーヴ
スコットランド戦を振り返ったドイツ代表のレーヴ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ代表は7日、ユーロ2016予選でスコットランド代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。試合後、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が、初戦での勝利に満足感を示した。イギリスメディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 18分に、バイエルン所属FWトーマス・ミュラーのゴールで先制したドイツ代表は、66分に同点とされるも、70分にミュラーが2点目を奪取。そのままスコットランド代表を圧倒し続け、白星を飾った。

 レーヴ監督は、勝ち点3の獲得に満足感を示している。

「難しい試合になるだろうとは思っていた。彼らは1年間負けていないからだ。前半から我々が試合を支配し、相手に決定機を作らせなかった。我々は多くのチャンスを作り出し、そこからゴールを奪うことができた」

「残念ながら、後半は先に失点をしてしまった。だが、その後も崩れることなく戦い、勝ち越しゴールが生まれた。3ポイントを奪えたことに大変満足している」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る