FOLLOW US

アンチェロッティ監督、レアルでの合計タイトル獲得数を「12」に伸ばす! クラブ史上歴代2位へと浮上

2024.05.05

レアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、指揮官としてクラブ歴代2位となる12個目のタイトルを獲得した。4日、クラブ公式サイトが伝えている。

 ラ・リーガ第34節が4日に行われ、レアル・マドリードカディスが対戦した。試合は、前半からレアル・マドリードが主導権を握ってスコアレスのままハーフタイムを迎えると、51分にブラヒム・ディアスが先制点をマーク。68分にはジュード・ベリンガムが追加点を奪い、後半アディショナルタイムにもホセルが勝負を決める3点目を挙げた。結局、試合は3-0でレアル・マドリードが勝利を収め、遅れてキックオフしたバルセロナジローナに敗れたことで、4試合を残しながらのリーグ優勝が確定した。

 2年ぶり通算36回目のラ・リーガ制覇を掴み取ったレアル・マドリード。これまでアンチェロッティ監督は同クラブでラ・リーガを1回、チャンピオンズリーグ(CL)、クラブワールドカップ、UEFAスーパーカップ、コパ・デル・レイ、スーペルコパ・デ・エスパーニャをそれぞれ2回制してきたが、今回リーグで2度目の優勝を飾ったことにより、獲得したタイトル数が指揮官としてクラブ歴代2位となる「12」に積み上げられた。

 なお、122年間にも及ぶレアル・マドリードの歴史でアンチェロッティ監督を上回るのは、選手と監督の両方でUEFAチャンピオンズカップ(現CL)を初めて制したことで知られるミゲル・ムニョス・モスン氏のみ。2度にわたって“白い巨人”の指揮官を務めた経験を持つ同氏は、合計15年間で14個のタイトルを獲得しており、アンチェロッティ監督が今季のCLでクラブを優勝に導いた場合は、両者の記録が「1」差に肉薄することとなるようだ。

ブラヒム・ディアスの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGブラヒム・ディアスのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO