FOLLOW US

“エル・クラシコ”の再試合を要求? 判定に不服のバルセロナ会長が声明「あらゆる適切な措置を講じる」

2024.04.23

クラブ公式SNSを通じて声明を発表したラポルタ会長 [写真]=Getty Images

 バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が22日、クラブ公式SNSを通じて声明を発表した。

 21日に行われたレアル・マドリードバルセロナによる“エル・クラシコ”は、MFジュード・ベリンガムがヒーローとなった“白い巨人”に軍配が上がり、ラ・リーガの優勝争いは事実上の決着を迎えた。しかしながら試合後、とあるシーンを巡る議論が白熱。バルセロナを率いるシャビ監督は「みんなが目撃したはずだ」と、当該シーンを含めたレフェリングに苦言を呈していた。

 その論点となっているのが、28分に訪れたバルセロナのチャンスシーンだ。右からのコーナーキックに、ニアでFWラミン・ヤマルがフリック気味のシュート。これに対して、レアル・マドリードのGKアンドリー・ルニンがゴールライン上で弾いて防いでいた。最終的にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入し、ノーゴール判定となったものの、ボールが完全にゴールラインを超えたかどうかがかなり際どかったのは確かだ。

 その中で22日、バルセロナの公式SNSを通じてラポルタ会長が声明を発表。“エル・クラシコ”での審判団の判定について同会長は「昨日はいくつかの疑わしい判定があったけど、とりわけ重大な、試合結果にさえ影響を及ぼした可能性があるプレーがあった。ご想像の通り、ラミン・ヤマルの幻のゴールについて話している。クラブとしては、何が起こったのかを確かめたい」と前置きをしつつ、以下のように続けた。

バルセロナは、審判技術委員会とスペインサッカー連盟に対して、この判定に至るまでの全ての画像と音声を提供するように要請する」

「資料を分析した結果、我々の主張通りに当該の判定に誤りがあったことが判明すれば、法的手段も検討しつつ、状況を逆転させるためにあらゆる適切な措置を講じる。そして、(第三者により)合法的なゴールであったと認められれば、再試合を求めることになるだろう。ヨーロッパで以前、VARのミスによって、そうした事例があったようにね」

 また、当該シーン以外の判定についても「同意できないことを強調したい」と述べたラポルタ会長は「ソシオ、ファンの人々へ。今回の件は、決して自分たちを有利にするためじゃない。むしろ、逆なんだ。我々は無防備の中、自分たちに直接的な打撃を及ぼし、相手を利するような誤った判定を受けたからこそ、アクションを起こす必要がある」とメッセージを送っている。

【PR】ラ・リーガを観るなら
U-NEXTがおすすめ

U-NEXTではラ・リーガの全試合をライブ配信。月額2,189円(税込)に加入すれば追加料金なしで視聴可能! 無料トライアルに登録すれば31日間無料でラ・リーガが楽しめる!

  1. ラ・リーガを視聴するならU-NEXTがお得!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでラ・リーガ&エンタメを堪能!
  3. さらに「SPOTV NOWパック」に加入すればプレミアやセリエAなどの海外リーグも楽しめる!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
ラ・リーガが見放題!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGバルセロナのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO