FOLLOW US

ラス・パルマスが“バレンタイン”に2つの贈り物! 国内屈指のパサー加入&主将MFと契約延長

2024.02.15

フリー加入のMFホセ・カンパーニャ(左)と、契約延長のMFキリアン・ロドリゲス(右) [写真]=Getty Images

 ラス・パルマスは14日、MFホセ・カンパーニャのフリー加入と、主将MFキリアン・ロドリゲスとの契約延長を発表した。なお前者は、今シーズン終了までの契約で、1年間の契約延長オプションが付帯しているとのこと。後者は2028年夏までの契約と併せて伝えている。

 ラ・リーガ第24節終了時点で、10勝5分9敗の8位につけるラス・パルマス。本拠を置くグラン・カナリア島は国内有数のテクニシャン採掘場で、生粋の“ラ・マシアっ子”であるガルシア・ピミエンタ監督が志向するスタイルにマッチする選手は多士済々。そんな、昇格組ながら欧州大会出場権を争うほどの躍進を見せているラス・パルマスは、“バレンタイン”に最愛のファンを喜ばせる2つのプレゼントを開けた。

 1つ目は、奇しくも昨年4月に、レバンテの選手として臨んだラス・パルマス戦で右膝前十字じん帯断裂の重傷を負い、そのままシーズン終了後に7年間在籍したクラブを退団し、無所属となっていたMFホセ・カンパーニャの電撃加入だ。ラ・リーガ屈指の“パサー”として名高い現在30歳はセビージャのカンテラ出身。トップチームでは主力に定着することができずに、クリスタル・パレスやニュルンベルク、ポルトなど国内外のクラブを転々としていたが、2016年夏に加入したレバンテでキャリアの転機を迎える。すぐさま定位置を確保した同選手は、2018-19シーズンのラ・リーガで36試合に出場し4得点9アシストを記録するなど大ブレイク。その後も好調を維持すると、2020年10月にはスペイン代表デビューをも飾っていた。

 また、“ワン・クラブ・マン”のMFキリアン・ロドリゲスとの契約延長も完了した。2014年にラス・パルマスのカンテラに入団した現在27歳は、2019年6月のトップチームデビュー以降、ここまでクラブ公式戦129試合に出場し12得点11アシストをマークしている。2022年夏には、ガンの一種であるホジキンリンパ腫を発症したものの、脅威的な回復力を見せて昨年4月にピッチに復帰。そして今シーズン、闘病生活を乗り越えて掴んだ自身初となるラ・リーガの舞台で、躍進するクラブの“心臓”として君臨。ここまでリーグ最多のパス成功本数(1633本)を記録している他、1月度のラ・リーガ月間MVP賞にも輝いた。

 素敵な“バレンタインデー”となったラス・パルマス。今度は、ラ・リーガで欧州大会の出場権を獲得し、もう一度ファンを喜ばせたいところだ。

ホセ・カンパーニャの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO