FOLLOW US

今季最初のタイトル獲得へ…ベンゼマ、UEFAスーパー杯に意気込み「とても重要な試合だ」

意気込みを語ったベンゼマ(写真は2021-22シーズン) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマが、新シーズンに向けての意気込みを語った。9日、スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 2021-22シーズン、ラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)の2冠を達成したレアル・マドリード。公式戦46試合に出場したベンゼマは、44ゴール15アシストを記録する大活躍を見せ、ラ・リーガとCLの得点王に輝いた。

 2022-23シーズン、レアル・マドリードは現地時間10日に行われるUEFAスーパーカップで最初のタイトル獲得を目指す。活躍に期待がかかるベンゼマは自身のコンディションについて、「もう若くはないかもしれないが、ハードワークし続けているので、体の状態は良いよ」とコメントし、フランクフルトとの決戦に向けた意気込みを次のように語った。

「この試合は僕らにとってとても重要だ。プレシーズンはうまくいったし、準備はできているよ。僕たちはヨーロッパのチャンピオンだ。優勝してマドリードにトロフィーを持ち帰らなければならない。キャプテンを務めることを誇りに思うが、僕にとって一番重要なのはチームの結果だ。個人的なトロフィーよりもチームのトロフィーの方が重要だよ」

 2018年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現マンチェスター・U)が退団して以来、前線の主軸に君臨し、チームを牽引し続けているベンゼマ。共闘した時間も長かった同選手についてベンゼマは「クリスティアーノはピッチの中でも外でも僕をたくさん助けてくれたよ」と感謝を述べつつ、退団後の自身の活躍について次のように語った。

「確かに彼が去ってから僕はたくさんゴールを決めたが、彼がいた時だってアシストを重ねていたし、重要な存在だったと思う。彼が退団した後に、僕は自分のプレーと野心を少し変えたんだ。それがうまくいっていると思うね。自分自身が世界最高の選手かどうかはわからないけど、毎年毎年クラブのために最大限の努力をし続けているよ」

 レアル・マドリードの今季最初の公式戦となるUEFAスーパーカップのフランクフルト戦は、日本時間の8月11日午前4時にキックオフを迎える。 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO