FOLLOW US

オサスナ、6季ぶり降格のレバンテからGKを補強…アイトール・フェルナンデスを獲得

アイトール・フェルナンデスがオサスナに完全移籍 [写真]=Getty Images

 オサスナは7月2日、レバンテからスペイン人GKアイトール・フェルナンデスを完全移籍で獲得したことを発表した。

 A・フェルナンデスが“個人残留”を果たす形となった。移籍金は固定費ではなく変動性となっており、今後オサスナが同選手を売却した場合、利益の20%がレバンテに支払われる契約となっている。契約期間は2025年夏までの3年間で、契約解除金は1400万ユーロ(約20億円)に設定された。

 A・フェルナンデスは1991年5月3日生まれの現在31歳。アスレティック・ビルバオのアカデミー出身選手だ。トップリーグではなかなか芽が出ず、これまでビジャレアルBやヌマンシアなどを渡り歩いてきた。2018年夏にレバンテへ加入すると、2018-19シーズン途中に正守護神の座を確保。翌シーズンからのポジションを譲らず、徐々に評価を高めることに。レバンテでは公式戦通算103試合でゴールマウスを守っていた。

 2021-22シーズン、レバンテはラ・リーガを19位でフィニッシュ。6シーズンぶりとなる2部降格が決定している。A・フェルナンデス個人としても、スペイン人GKダニ・カルデナスと熾烈な定位置争いを繰り広げ、公式戦15試合の出場にとどまっていた。

 オサスナは2021-22シーズンのラ・リーガを10位で終え、4シーズン連続となる1部での戦いが決定。クラブの守護神にはスペイン人GKセルヒオ・エレーラが君臨しており、A・フェルナンデスは同選手との正GK争いに挑むこととなる。
 

>

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO