FOLLOW US

カディス、今夏の補強第1号はオーストラリアの快速WGに…メイビル獲得を発表

カディスが豪代表FWメイビルを獲得 [写真]=Getty Images

 カディスは24日、デンマークのミッティランからオーストラリア代表FWアワー・メイビルを完全移籍にて獲得したことを発表した。契約期間は2026年夏までの4年間となっている。

 メイビルは1995年9月15日生まれの現在26歳。ケニア出身ではあるがオーストラリア育ちで、ユース世代から同国代表としてプレーを続けている。キャンベルタウン・シティやアデレード・ユナイテッドで活躍し、2015年夏にミッティランへと完全移籍。その後はデンマークのエスビャウ、ポルトガルのパソス・デ・フェレイラ、トルコのカスムパシャへのレンタル移籍も経験していた。オーストラリア代表としては27試合出場6ゴールを記録しており、13日に行われた2022FIFAワールドカップカタール・大陸間プレーオフのペルー代表戦でも試合途中からピッチに立ち、PK戦ではキッカーを務めてネットを揺らしていた。

 オーストラリアのアデレードで行われた新加入会見に臨んだメイビルは「カディスと契約しラ・リーガで挑戦できることは、サッカー選手にとって大きな意味のあることだ。とてもワクワクしていて、早くチームに合流したい」とコメント。以下のように続け、新天地での意気込みを語った。

「僕らの仕事は試合に勝つことと、ファンの皆さんに楽しんでもらうことだ。ラ・リーガはバルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリードのようなトップレベルのチームが所属している、世界屈指のリーグ。まさか自分がこんなビッグクラブと対戦できるとは思ってもみなかった。それが現実となった今、全力を尽くさなければならない。試合に勝つためにベストを尽くす。ビッグクラブとの対戦はさらに特別なものになるだろう。カディスでの様々なチャレンジがすごく楽しみだよ」

 カディスは2021-22シーズンのラ・リーガを17位で終え、新シーズンは3年連続で1部の舞台で戦うことが決まっていた。同クラブとっては今夏初めての補強となっている。なお、メイビルは26日にスペインへと移動し、新シーズンに向けたチームに合流する予定となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO