FOLLOW US

ラ・リーガが声明、PSGとマンCの「継続的なFFP規則違反」を糾弾

ラ・リーガがPSGとマンCを糾弾 [写真]=Getty Images

 ラ・リーガは15日、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・Cが現行のファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規則に「継続的に違反している」として、両クラブを糾弾する公式声明を発表した。

 PSGはカタール、マンチェスター・Cはアブダビの政府に近いオーナーがバックにつき、多額の資金を投入して欧州メガクラブの仲間入りを果たした。ラ・リーガは何度もPSGとマンチェスター・CのFFP違反を訴えており、先月にフランス代表FWキリアン・エンバペがPSGと破格の待遇で契約延長した際にも、その契約内容をめぐって欧州サッカー連盟(UEFA)やフランスの行政・財政当局、欧州連合の管轄機関に提訴していた。

 ラ・リーガは今回の声明を通じて、「彼らの行為はサッカーの生態系と持続可能性を変え、欧州の全クラブと全リーグに害を与え、サッカー単体で発生しない資金で人為的に市場を膨らませることにしかならないと考えている。これらのクラブの不正な資金調達は、直接的な資金注入、または市場の状況に対応せず経済的に意味をなさないスポンサー契約やその他の契約によって行われている」と主張。

 また、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長がUEFAや欧州クラブ協会(ECA)などでも重役を務めていることは「利益相反の可能性」があるとし、「ラ・リーガはさまざまな選択肢を検討している」とした。

 さらにラ・リーガは、「両『国家クラブ』は過去にUEFAからFFP違反による制裁を受けたが、これは後にCASの奇妙な判決によって覆された」ともコメントしている。

 声明の最後では、「ラ・リーガの申し立て、およびこの点に関してスペインのクラブ協会がここ最近行っている声明は、データに基づき、クラブの監査済み会計を詳細に監視・分析した上でのものである」と付け加えられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO