FOLLOW US

バルセロナ、新たにコウチーニョらが新型コロナ陽性に…4日間で10名が発表

バルセロナに所属するコウチーニョ [写真]=Getty Images

  バルセロナは30日、アメリカ代表DFセルジーニョ・デスト、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、FWアブデ・エザルズリが新型コロナウイルス陽性となったことを発表した。

 選手の健康状態は良好で、自宅で隔離になっていることを併せて発表している。

 バルセロナは27日にブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスとフランス代表DFクレマン・ラングレ、28日にスペイン代表DFジョルディ・アルバ、DFアレハンドロ・バルデ、29日にフランス代表FWウスマン・デンベレ、同代表DFサミュエル・ユムティティ、スペイン代表MFガビの陽性を発表しており、4日間で10名が新型コロナウイルス陽性を発表されたことになる。

 スペインでは新型コロナウイルスの影響が拡大しており、2022年1月2日にバルセロナとラ・リーガ第19節で対戦するマジョルカも名前は明かしていないがトップチームで複数の陽性者が発生しているほか、レアル・マドリードなども陽性者が出ていることを発表している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO