FOLLOW US

バルサ退団のメッシ、PSG移籍の可能性を認めるも…「まだ何も決まっていない」

バルサ退団会見を行ったメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナを退団するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、8日に記者会見を実施。メディアからの質問に応じた。

 メッシは2021年6月30日をもってバルセロナとの契約が満了。再契約に向けて両者は合意に近づいていたが、バルセロナは5日、突如としてメッシの退団を発表した。同クラブは、双方が合意に達して6日中に新契約を結ぶという明確な意思があったものの、ラ・リーガの規定による経済的・構造的な障害のために契約を結べなかったと説明している。

 質疑応答に先立ち行われたスピーチでは、心の整理がついていないこと、満員の『カンプノウ』でファンにお別れを言いたかったこと、そして将来的なバルセロナ復帰を希望していることなどを語ったメッシ。質問ではまず、状況が急変したここ数日間を振り返っての感想を問われ、メッシは次のように答えた。

「ラ・リーガの問題のために、契約が結べなかった。すべてで合意に達していたのに、契約を結べなかったんだ。ジョアン・ラポルタ会長はラ・リーガの問題だと言っていた。僕は(50%の給与削減に応じるなど)できる限りのことをした。去年とは違って今年は残りたかったけど、それはできなかった」

 注目の新天地については、「パリ・サンジェルマン(PSG)の可能性もある。今日の時点では、誰とも合意に至っていないよ。退団のプレスリリースが出たとき、たくさんの電話がかかってきて、いくつかのクラブが興味を示した。まだ何も決まっていないけど、話し合っている」と語り、噂されるPSGへの移籍を否定しなかった。

 一方、退団発表前にバカンス先のイビサ島でネイマールらPSGの複数選手と撮影した写真が出回っていることについては、「彼らは冗談めいて僕にパリへ来るよう言ったけど、それは偶然の出来事だ。その後の出来事によって、この写真がより重要視されるようになった。休暇中の友人との出来事に過ぎない。それ以上のことは何もないよ」と語っている。

 また、メッシは「ラポルタ会長の当選後に昼食で話をして、僕は自分がバルセロナで続けることに何の問題もないことを確信した。契約は問題ではなかった」と改めて、契約延長を確信していたことを強調。契約延長の障壁となったラ・リーガの規定については、次のように言及した。

「ラ・リーガの規定についてはよく理解していない。ラ・リーガのためにも、クラブの借金のためにも、これ以上借金を増やしたくないという理由で契約延長は不可能だった。(ラ・リーガのハビエル・)テバス会長には何も言うことはない。彼とは1、2回会って、友好的な関係を築いた。僕とテバス会長の間には何の問題もない」

 続けて、“メッシのいないバルセロナ”について自身の考えを問われると、「これからもたくさんの選手がやってくる。ラポルタ会長が言ったように、クラブは常に、誰よりも重要だ。最初は違和感があるかもしれないけど、そのうち慣れてくるだろう。(今夏も)非常に優秀な選手が加入しているし、素晴らしいチームで、すべてが落ち着いてきている」とコメント。いつまで現役を続けるのかとの質問については、「僕の体次第だ。できる限りプレーを続けたい」と答えた。さらに、バルセロナ退団後の目標については次のように語っている。

「一つの目標として、もう一度チャンピオンズリーグで勝ちたいし、もっとトロフィーを獲得したい。できることなら、行く先々でタイトルを獲得している(元同僚の)ダニ・アウヴェスに追いつきたいね(※D・アウヴェスは東京五輪が通算43個目のタイトル。メッシはキャリア通算38のタイトルを獲得)」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO