FOLLOW US

バルサ会長がメッシの退団について弁明…「クラブを壊すような決断はできなかった」

メッシ(右)について会見で語ったバルセロナのラポルタ会長(左) [写真]=Getty Images

 バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は6日、退団が発表されたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて会見を開いて語った。

 メッシは2021年6月30日でバルセロナとの契約が満了し、無所属の状態が続いていた。クラブ公式サイトによると、バルセロナとメッシは共に新契約の締結を希望し、合意に達していたという。しかし5日、クラブは「経済的・構造的な障害のために正式な契約を結ぶことができない」と声明を発表し、ラ・リーガによる規定がメッシとの契約の障害になったことを示唆した。

 そして6日に公式会見を開いたバルサのラポルタ会長は、メッシとは新契約で合意に至っていたこと、そしてクラブ側ができることはすべてやったことを強調しつつも、退団の経緯についてこのように説明した。

「経済面の数字、損失が予想よりも悪かったんだ。我々の給料にはいっさいの余裕も残っていない。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)も我々にとっての障壁となっている。私にはクラブを壊すような決断はできなかった。バルサというクラブこそが最も大事なものなんだ」

「FFPのルールにより、我々は合意に至ったレオ・メッシとの契約を登録することができない」

「レオ・メッシはバルセロナに残りたかったんだ。彼はバルサに残留することで合意していたし、我々もレオに残ってほしかった。私は、レオの陣営と交渉に関わったすべての人たちに感謝したい。残念ながら、ラ・リーガのルールによって我々は先に進むことができない」

「悲しいが、我々はレオをとどめるために全力を尽くしたし、彼もクラブに残る準備ができていた。合意に至っていたんだ。これからは、リオネル・メッシのいない新たな時代が始まる。そして、これからも我々はレオに感謝し続けるだろう」

「状況を一変させてメッシと再契約する可能性?私は偽りの希望を与えたくない。ラ・リーガはもうすぐ始まり、我々にはデッドラインがあったんだ。もうメッシは他の選択肢を探すことになる」

「我々はメッシと5年契約を結んで2年分の給料を支払うことで合意に至っていた。レオはその契約に合意し、受け入れていた。我々はそれがFFPもクリアする合意だと確信していたが…ラ・リーガによって許されなかったんだ」

「レオ・メッシとの交渉は終わった。我々はラ・リーガの規則によってメッシを登録することができない。彼らの対応は我々の給与制限に関して柔軟ではなかった」

「レオはもう、他の選択肢を探すことになる。我々はデッドラインを迎えてしまったんだ」

「レオ・メッシはよく思っていない。彼は我々がここにとどめたかったのと同じように、バルセロナに残りたいと思っていた。だが、我々はもう現実を変えることはできない。次のクラブとして行く先での幸運を祈っている」

 なお、クラブの財政状況が困難な状況となっている中、すでに加入が決まっている選手の登録に関して問われると、このような言葉を口にした。

「我々の計算に基づけば、メンフィス・デパイ、エリック・ガルシア、そしてクン・アグエロは登録することができる。彼らもバルサに加入するために努力してくれたから、問題が起きないことを願っている」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO