FOLLOW US

バルセロナ、ポルトガル代表MFレナト・サンチェス獲得に関心か

EURO2020に出場していたレナト・サンチェス [写真]=Getty Images

 バルセロナが、リールに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェスに関心を示しているようだ。19日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 現在23歳のR・サンチェスはベンフィカの下部組織出身で、2016年7月にバイエルンへ完全移籍。翌年8月にはスウォンジーへと1年間のレンタル移籍を経験し、2019年8月にリールへと完全移籍で加入した。2020-21シーズンは公式戦29試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。また、今夏に行われたEURO2020のポルトガル代表メンバーにも選出され、4試合に出場し、活躍を見せていた。

 そんなR・サンチェスに対し、バルセロナが関心を示しているという。ロナルド・クーマン監督が今夏の移籍市場で新しく中盤の選手を加えることを望んでいる模様で、来年夏に買い取りが可能となるオプションが付随したレンタルでの同選手獲得を画策しているようだ。

 その一方で、クラブ内ではR・サンチェスがバイエルンへと移籍した際に結果を残せなかったことが、競争力の高いチームでは実力を発揮できないのではないかと指摘している人もいる模様で、同選手の獲得を巡り賛否両論となっていることも伝えられている。

 サラリーキャップの問題も抱えているバルセロナだが、果たしてクーマン監督が望むような補強はできるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO