FOLLOW US

バルサMFピアニッチが今夏の放出候補に…来季クーマン監督の構想外か

バルセロナに所属するピアニッチ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチは、来シーズンへ向け新天地を求めることになるのかもしれない。4日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 財政難を強いられているバルセロナは今夏、複数の選手をチームから放出する必要があり、そのうちの1人にピアニッチが数えられているようだ。同クラブではすでにポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコンが期限付き移籍でウルヴァーハンプトンへと加入し、さらにフランス代表DFサミュエル・ユムティティの放出も噂されている。

 そして今回の報道によると、ピアニッチは来シーズンのロナルド・クーマン監督の構想には入っていないということも伝えられている。2020年6月にMFアルトゥールとの実質的なトレードとしてユヴェントスから加入したピアニッチだが、1年目の2020-21シーズンは度重なるケガの影響もありリーグ戦19試合の出場(無得点)にとどまっていた。

 現段階で獲得オファーは届いていないとのことだが、果たして現在31歳のピアニッチは、来シーズンに向け新天地を求めることになるのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO