FOLLOW US

ジダン監督、レアル指揮官として250試合達成! 計11タイトルを獲得

レアル・マドリードを250試合指揮したジダン監督 [写真]=Getty Images

 ジネディーヌ・ジダン監督がレアル・マドリードを指揮した試合数が「250」に到達した。スペイン紙『マルカ』が3日に伝えている。

 レアル・マドリードは3日、リーガ・エスパニョーラ第29節でエイバルとホームで対戦。レアル・マドリードは41分にマルコ・アセンシオのゴールで先制すると、73分にカリム・ベンゼマが追加点を決め、2-0でエイバルに勝利を収めた。

 この試合でジダン監督は、レアル・マドリードを指揮した試合数が「250」に到達。クラブ史上2番目に指揮した試合数が多い監督となった。なお、クラブ史上最も多く指揮した監督はミゲル・ムニョス氏で605試合となっている。

 レアル・マドリードはジダン監督のもと、リーガ・エスパニョーラ2回、チャンピオンズリーグ3回、スーペルコパ・デ・エスパーニャ2回、クラブワールドカップ2回、UEFAスーパーカップ2回の計11タイトルを獲得。

 なお、ジダン監督が指揮した250試合の内訳は、リーガ・エスパニョーラが174試合、チャンピオンズリーグが49試合、コパ・デル・レイが16試合、スーペルコパ・デ・エスパーニャが5試合、クラブワールドカップが4試合、UEFAスーパーカップが2試合となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO