FOLLOW US

アトレティコにM・ジョレンテ売却の意思はゼロ…獲得には破格の違約金が必要に?

アトレティコで活躍するM・ジョレンテ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは、移籍が噂されるスペイン代表MFマルコス・ジョレンテの放出を全力で阻止する構えのようだ。26日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 昨季途中からアタッカーとしてブレイクし、アトレティコ・マドリードを支える選手となったジョレンテ。今季は公式戦36試合で10ゴール9アシストという結果でクラブをリーガ首位に導いており、獲得を熱望するマンチェスター・Uが移籍金8000万ユーロ(約104億円)を用意をしているとの報道も出た。

 しかし『マルカ』によると、現時点でアトレティコ側にジョレンテを売却する意思はなく、どれだけ大きなオファーがあろうとも交渉の席に着くことはないだろうと考えられている。つまり、他クラブがジョレンテを獲得するには契約解除金である1億2000万ユーロ(約155億円)が必要だとされており、実現の可能性はかなり低いとみられているようだ。

 だがアトレティコは過去2シーズンの移籍市場で、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやスペイン代表MFロドリ、フランス代表DFリュカ・エルナンデス、そしてガーナ代表MFトーマス・パルティを違約金満額の支払いをもって引き抜かれているのも事実。今夏のジョレンテの去就には、最後まで注目が集まることとなりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO