FOLLOW US

バルサの18歳FWファティ、今季絶望? 再手術の可能性が浮上

バルセロナに所属するファティ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表FWアンス・ファティに再手術を受ける可能性が浮上しているようだ。24日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ファティは昨年11月7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節のベティス戦で左ひざの内側半月板を断裂した。その後、9日にスポーツ医学界の権威であるラモン・クガット医師による手術を受けて無事成功。約4カ月の離脱が見込まれ、今月中の復帰が予想されていた。しかし、回復状況が思わしくなかったことから、公式的には発表されていないが、今年1月に再手術を受けていたことが報道。それでも、術後の経過が芳しくない模様で、3度目の手術を受ける可能性があるようだ。

 スペインメディア『Catalunya Radio』によると、負傷したファティの半月板が期待されたほど回復していないため、再び手術を受ける必要がある可能性があるという。いくつかの検査を行った後に、今後数日間で決断が下される模様だ。なお、手術を実施した場合は今シーズン中の復帰は絶望的で、今夏に行われるEURO2020や東京オリンピックの出場も難しいと見られている。

 現在18歳のファティはバルセロナの下部組織育ちで昨年9月にトップチームに正式昇格し、今シーズンはここまで公式戦10試合の出場で5ゴール4アシストを記録。また、昨年9月にはスペイン代表デビューも果たし、同代表史上最年少ゴール(17歳311日)も記録していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO