FOLLOW US

レアル・マドリード、FWロドリゴの負傷情報はデマ…公式サイトがハッキング被害か

ロドリゴの偽の負傷情報が公式から発表された [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードの公式サイトがハッキングの被害に遭ったようだ。16日、スペイン紙『アス』が報じた。

 レアル・マドリードは16日、「ブラジル代表FWロドリゴが右足大腿二頭筋(外側ハムストリング)の腱に関する筋肉損傷と診断された」とのメディカルレポートを公式サイトと公式Twitter上に掲載。しかし、すでに投稿は削除されており、クラブはハッキングや人為的ミスの可能性を調査しているという。

 ロドリゴは昨年12月25日に右足大腿二頭筋の腱に関する筋肉損傷と診断され、約2カ月の離脱を強いられた。同選手は3月1日のリーガ・エスパニョーラ第25節レアル・ソシエダ戦から復帰を果たしており、16日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアタランタ戦の招集メンバーにも含まれている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO