FOLLOW US

バルサ会長候補者が注目発言「レアルは審判に関する“運”がある」「メッシ離脱はない」

フレイシャ氏が、様々な話題に言及 [写真]=Getty Images

 バルセロナの会長候補者であるトニ・フレイシャ氏が、クラブにまつわる様々な話題に言及した。9日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在、バルセロナは会長不在の状態が続いている。会長選挙の投票日は3月7日を予定しているが、フレイシャ氏はジョアン・ラポルタ氏、ビクトル・フォン氏とともに正式な会長候補となっている。

『マルカ』は、フレイシャ氏のコメントを掲載。レアル・マドリードの判定に関する話題や、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの去就について自身の見解を述べた。

 レアルにまつわる判定の話については、バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケの発言が波紋を広げている。ピケは、自らが出演したYouTubeチャンネル『Post United』で「前に、とある元審判が『85%の審判がレアルのファンだ』と言っていたんだ。そんな彼らがレアル寄りの笛を吹かないなんて思える?」と発言している。フレイシャ氏は「レアルが審判に関する“運”を持っていることを羨ましく思うよ」とコメントし、ピケと同様にレアルに対する判定に不満を持っていることを明かした。

 また、バルセロナとの現行契約が今年6月30日で満了するメッシについては、以下のように述べている。

「メッシはサッカー史上最高の選手だし、バルセロナとカタルーニャを愛しているよ。我々は、この神話がもっと続くように努力しなければならないね」

「彼は幸せそうに見えるし、プレーを楽しんでいるように感じる。上手くやっていると思うよ。クラブに留まると信じている。彼や彼の家族との関係性は良好だけど、我々は必要な距離と特定の瞬間への敬意を持っている」

「メッシがバルセロナを離れることはないと思うね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO