FOLLOW US

ヘタフェMF久保建英、所属元のレアル戦で輝けず…スペイン紙の採点はチーム最低の「0点」

レアル戦で途中出場した、ヘタフェの久保 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第1節延期分が9日に行われ、レアル・マドリードヘタフェが対戦。レアルが2-0で勝利した。レアルからローン移籍中の日本代表MF久保建英は、所属元との対決でヘタフェでのデビュー戦以来となる5試合ぶりのベンチスタート。54分から途中出場したが、あまり見せ場を作ることはできなかった。試合後、スペイン紙『マルカ』と『アス』は、レアル戦の久保の出来を分析している。

『マルカ』は、久保に対してチーム最低となる「0点(最高3点)」をつけた。スペイン人MFフランシスコ・ポルティージョ、コロンビア代表FWクチョ・エルナンデス、スペイン人DFマルク・ククレジャ、スペイン代表FWハイメ・マタの4選手が久保と同様に0点となっている。

 一方、『アス』は久保のプレーについて辛辣な論評を寄せた。

「所属元との一戦で、あまりにも活気がなかった。ほとんどプレーに関与することができず」

 勝ち点24で13位のヘタフェは、14日に第23節レアル・ソシエダとのホーム戦を控えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO