FOLLOW US

「メッシ残留に自信がない」…バルサ指揮官、大エース慰留の難しさを語る

2021.02.03

メッシ(右)の去就について言及した、バルセロナのクーマン監督(左) [写真]=Getty Images

 バルセロナロナルド・クーマン監督が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの去就についてコメントした。2日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 今年6月30日でバルセロナとの現行契約が満了となるメッシの去就は、引き続き大きな注目を集めている。かつて共にプレーしたブラジル代表FWネイマールが所属するパリ・サンジェルマン(PSG)や、恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・Cなど、移籍が噂されるクラブはいくつか存在する。バルセロナのクーマン監督は、メッシが6月30日の契約終了後もクラブに留まっている可能性について、以下のようにコメントした。

「メッシの残留については、自信がないんだ」

「彼はいまだに素晴らしい選手だし、チームのことを思ってくれている。私は彼を指導できることを楽しんでいるよ。毎日、トレーニングセッションで彼の資質を見ているけど、それは信じられないようなものなんだ」

「だが、PSGやマンCなどからのオファーを拒否するよう説得するのは、並大抵のことではないだろう」

「メッシは、幼い頃にバルセロナへとやって来た。そして、人々はバルセロナ以外のユニフォームを着たレオ・メッシをまだ見ていない」

 コロナ禍の影響もあり、バルセロナは総債務が11億7,300万ユーロ(約1,483億円)にまで膨れ上がっている。1月31日には、メッシとバルセロナが2017年11月に結んだ契約が、ボーナスを含めて4年総額で5億5,500万ユーロ(約701億円)であるというスペイン紙『エル・ムンド』の報道が世間を賑わせたばかり。この財政危機が、メッシの去就にどう影響を及ぼすのだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO