FOLLOW US

元同僚がメッシに仰天移籍プランを提案…「映画のようだ」と評すその新天地とは?

メッシの新天地を提案したボアテング(左) [写真]=Getty Images

 かつてバルセロナでプレーした元ガーナ代表FWケヴィン・プリンス・ボアテングは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの新天地について驚きの提案を口にした。11日、スペイン紙『アス』が報じている。

 これまでミランやシャルケ、フランクフルトなどで印象的な活躍を残し、現在はイタリア2部のモンツァでプレーするK・P・ボアテング。2018-19シーズンに半年間のみバルセロナにも所属した33歳は、その際ともにプレーしたメッシの新天地について、インタビューの中で驚きの新提案を展開した。

 同選手の提案とは、先日逝去した元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏がレジェンドとして讃えられているナポリへの移籍だ。同クラブはマラドーナ氏の活躍に敬意を表し、彼の着用した背番号10を現在まで永久欠番としているが、メッシはそのエースナンバーを一時的に譲り受けるべきだとも提案している。

「メッシはバルサとの契約が切れたら、ナポリに行くべきだと思う。彼がクラブに声をかけて『行ってもいいかい?』と言ったら、ファンタスティックだよね」

「メッシは『10番を付けることが許されないのは分かっているけど、お金は気にしないから、何シーズンかだけナポリでプレーし、マラドーナのナンバー10に敬意を表したいんだ』と言えばいい」

「(実現したら)映画のようだね。みんなにとってなんて良い話なんだい?他に類を見ないメッセージになるはずだ。俺がレオになって、ナポリに声をかけてこのことを提案したいところだね」

 いつの日か、ナポリの背番号10を背負ったメッシが、同クラブの本拠地『スタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ』で活躍する姿が見られるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO