FOLLOW US

大敗のレアルにさらなる痛手…バルベルデ、右足骨折で約1カ月離脱へ

バルベルデが負傷離脱 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 レアル・マドリードは9日、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが右足を骨折したことを発表した。

 レアル・マドリードは前日の8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節でバレンシアに1-4で大敗。さらに一夜明けた9日には、同試合で76分までプレーしたバルベルデの負傷が確認された。

 クラブ公式サイトによると、同選手は9日に複数の検査を受けた結果、右足脛骨の亀裂骨折と診断されたという。離脱期間は明かされていないものの、スペイン紙『マルカ』は全治約1カ月の見込みと報じている。

 現在22歳のバルベルデは今季これまで公式戦全11試合に出場し、3ゴールを記録。今月行われるカタール・ワールドカップ南米予選に臨むウルグアイ代表に招集されていたが、負傷により不参加となるようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO