FOLLOW US

クロース、ジダン監督への信頼を語る「彼自身が偉大な選手だったことが大きい」

レアル・マドリードのクロースとジダン監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、同クラブのジネティーヌ・ジダン監督について語った。8日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 先日、現地メディアの取材に応じたジダン監督は「彼は、彼のポジションでは世界最高の一人として記憶されるだろう。私が監督に着任した時、彼の指導者になれることを幸せに感じたよ」とクロースを絶賛。そして今回は、クロースがジダン監督への想いを口にした。

「まず、彼自身が偉大な選手だったことが大きいだろう。そして、彼は我々のモチベーションを高める方法や、レアル・マドリードの選手として何が必要なのかを正確に理解している。その知識を完璧な方法で応用することもあるんだ」

「また、彼はスター選手たちの心を掌握する能力も長けている。全ての選手の特性を知り尽くしていて、グループとしてまとめるのが上手いんだ。彼は私にとって最高の監督の一人だよ」

 そしてクロースは、先日バルセロナへ退団の意思を表明しながらも残留したFWリオネル・メッシについても問われ、「レアル・マドリードがメッシを欲していた?いや、そうは思わないね。彼自身にもマドリードに来る気があるとは思えない。双方に気持ちがなかったから、それが実現しなかったと思うよ」と笑いながら答えた。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA