FOLLOW US

メッシ、バルサ退団の意思は揺らがず? 始動前のPCR検査欠席へ

バルサ退団が見込まれているメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、チームの新シーズン始動に際し行われるPCR検査を欠席するようだ。カタルーニャの地元ラジオ局『RAC1』の報道を引用する形で、スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』が30日に伝えている。

  2020-21シーズンのチーム始動を31日に控え、バルセロナは前日に所属選手たちのPCR検査受診を義務付けている。しかし、ブロファックス(スペインの内容証明郵便)を通じてバルセロナからの退団意思を明かしていたメッシは、この検査には出席しない模様だ。同メディアによると、メッシは選手サイドの意思で契約を一方的に解除できるという条項が有効であると考えていることから、既に自身はバルセロナの選手ではなく、同検査を受ける義務もないと判断したという。同時に、改めて退団の決意が固いことをクラブに主張したようだ。

 また、メッシは31日に行われるロナルド・クーマン監督体制となって初のトレーニングも欠席する見込みだ。メッシは自身の契約は既に無効となっていることから、クラブの規律に反する行為でもないと考えているという。

 メッシはかつての恩師であるジョゼップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・Cや、友人であるブラジル代表FWネイマールが所属しているパリ・サンジェルマンへの移籍が取り沙汰されているものの、バルセロナ側は7億ユーロ(約878億円)に設定された契約解除金を支払わない限りクラブからの退団は認めない方針であると見られている。メッシの去就問題はどのような結末を迎えるのか。今後の動向に注目が集まっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO