FOLLOW US

“審判の恩恵はない”…ソシエダ戦ではきわどい判定も、ジダン監督は「審判の話に終始するのは…」

レアル・マドリードはレアル・ソシエダ戦に勝利した [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督がレアル・ソシエダ戦後にコメントしている。スペイン紙『マルカ』が21日に伝えている。

 レアルはこの試合で2-1と勝利し、バルセロナから首位の座を奪い取った。一方でレアル・マドリードの2点目のシーンでフランス人FWカリム・ベンゼマにハンドがあったのではないかなど、きわどい判定も散見された。試合前にはバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケがレアル・マドリードの試合での審判の判定に疑問を呈し、ジダン監督もそれに対して発言していたが、レアル・ソシエダ戦後にもまた同じ内容に言及することとなった。

 ジダン監督は「私はその出来事を見たわけではないが、(先制点に繋がった)ヴィニシウスのペナルティはあり、カリムのゴールは違反が無かったといわれている」とコメント。さらに「そのために審判がいるので、私は議論の中に入らないよ」と続けた。

「私はただ当然の勝利について考えたいだけ。審判の話に終始して、ピッチでまるで何もしていないかのようになってしまうのは腹立たしい」

「私たちは何を言われてもコントロールするつもりはないよ。我々はピッチの上で勝利し、それが今日成し遂げたことだ。当然の勝利だよ」

 また、今節の勝利でバルセロナを抜いて首位に浮上したレアル・マドリード。しかし、ジダン監督は「3日おきに試合があって多くの試合があり、プレッシャーは常に同じ」と改めて気を引き締めた。

「まだ8試合あるし、最後まで決まることはない」

 レアル・マドリードは次節、MF久保建英が所属するマジョルカと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO