FOLLOW US

2位サラゴサ、3位アルメリアに敗れて勝ち点差2に…香川は再開後3試合連続の先発

レアル・サラゴサに所属する香川真司(写真は6月13日のアルコルコン戦)[写真]=NurPhoto via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ2部第34節が20日に行われ、MF香川真司が所属するレアル・サラゴサはホームでアルメリアと対戦した。香川は再開後3試合連続のスタメンで70分までプレー。前節は先制点を決めたが、今節は得点には絡めなかった。

 自動昇格圏内の2位につけるサラゴサと、勝ち点差5で3位のアルメリアによる上位対決。試合は開始12分、元スペイン代表のグティ監督率いるアルメリアが先制した。アーヴィン・アッピアーが左サイドからペナルティエリア内に切り込み、左足シュートをゴール右隅に突き刺して先制点を挙げた。

 1点ビハインドで折り返したサラゴサは56分、エリア左でボールを収めたアルベルト・ソロが中央へヒールパス。そこに香川が走り込んだが、一歩手前で相手DFにカットされる。65分にはラウル・グティがエリア中央で折り返しに合わせたが、シュートは枠を捉えず。

 するとアルメリアは69分、右サイドのイバン・バジウがグラウンダーのクロスを入れると、中央のフラン・ビジャルバが右足で合わせて追加点を挙げた。試合はこのままタイムアップを迎え、サラゴサは上位対決で敗れて勝ち点「58」にとどまった。一方、勝利した3位のアルメリアは勝ち点「56」に伸ばし、2位サラゴサとの勝ち点差は「2」となった。

 次節、レアル・サラゴサは23日にアウェイでエストレマドゥーラと、アルメリアは25日にホームでアルコルコンと対戦する。

【スコア】
レアル・サラゴサ 0-2 アルメリア 

【得点者】
0-1 12分 アーヴィン・アッピアー(アルメリア)
0-1 69分 フラン・ビジャルバ(アルメリア)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA