FOLLOW US

選手からは“白旗宣言”も…バルサ指揮官は優勝争い継続を確信「レアルだって全試合には勝てない」

優勝争い継続を信じる、バルセロナのセティエン監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第30節が19日に行われ、バルセロナセビージャと対戦。互いにゴールを決めることができず、試合はスコアレスドローで終了した。試合後、バルセロナのキケ・セティエン監督のインタビューを、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 セビージャの本拠地『ラモン・サンチェス・ピスファン』で行われた一戦で、バルセロナは最後まで相手ゴールをこじ開けることができなかった。バルセロナは勝ち点「65」にとどまり、2位レアル・マドリードとの勝ち点差は「3」。ただ、バルセロナはレアルとの直接対決で1分1敗と負け越しているため、レアルが21日のレアル・ソシエダ戦に勝利すれば勝ち点で並ばれ、直接対決成績によって首位の座を譲る可能性がある。

 いつもは強気の発言が目立つ元スペイン代表DFジェラール・ピケが「もう優勝できるかどうかは自分たち次第じゃない。ラ・リーガ優勝はとても難しくなってしまったね」と“白旗宣言”とも取れる発言をするなど意気消沈の様子だが、セティエン監督は「多分、それは試合直後に欲求不満が漏れ出たのだろう」と解釈。まだ優勝の芽はあるという見方を示した。

「特に(セビージャ戦の)前半は好調だったよ。たしかに今の気持ちはポジティブではないが、明日にはまた違ってくると思う。レアルだって、残りすべての試合に勝つとは思えない。現実的に、首位であり続けるかどうかはもはや我々の試合結果に依存していないけど、この状況が変わる可能性だってあるんだ」

「すべての試合に勝つことが非常に難しいことは、事前に知っていた。そして、それは実際に不可能だった」

 セティエン監督は、まだ優勝争いが続いていくと信じているようだ。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA