FOLLOW US

リヨン会長、逸材FWシェルキには「レアルやマンUが関心を持っていた」

リヨンでプレーするチェルキ [写真]=Getty Images

 リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長がインタビューに応えた。スペイン紙『マルカ』が12日に伝えている。

 オラス会長はクラブの期待を一身に背負う逸材Uー16フランス代表FWラヤン・シェルキについて言及。オラス会長は「彼がトップ選手になることは明らかだ。彼にサインしてもらうために大きな努力をしてきた。レアル・マドリードやマンチェスター・Uも関心を示していたからね。彼とともに勝利を分かち合っていきたいし、彼を助けたいんだ」とコメント。

 また「今すぐにトップチームの中心ではないかもしれないが、数年後にはそうなるはずだ」と語り、早期のビッククラブへの移籍を否定した。

 16歳のチェルキはすでにリーグ・アンデビューと得点を記録。レアル・マドリードへの憧れを口にしているが、偉大な先輩FWカリム・ベンゼマのようにリヨンからレアル・マドリードへのステップアップを将来的に見せるかもしれない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO