FOLLOW US

絶大なる“久保効果”! 日本で最も視聴された今季のラ・リーガは“エル・クラシコ”ではなく…?

久保の存在は、日本のファンをラ・リーガに引き付ける [写真]=Getty Images

 マジョルカに所属する日本代表MF久保建英は、日本人ファンの注目をリーガ・エスパニョーラに集め続けている。リーガエスパニョーラ・アジアオフィス事務局長のイバン・コディーナ氏は、久保にまつわる驚きのデータがあることを明かした。11日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 コディーナ氏によると、日本で最も視聴された今シーズンのリーガ・エスパニョーラ10試合を見ると、うち8試合がマジョルカの試合だったという。最も観戦された試合は、第13節のマジョルカビジャレアル戦。この試合で、久保はPKを獲得してチームの先制点確保に貢献すると、左足のミドルシュートでチーム3点目をマーク。リーガ・エスパニョーラ初ゴールを記録し、日本中のファンに喜びを届けた。

 このビジャレアル戦が、バルセロナレアル・マドリードによる“エル・クラシコ”や、レアルとアトレティコ・マドリードによる“マドリード・ダービー”よりも注目度が上だったことで、現地では驚きの事実として報じられている。

 また、レアルは久保との契約後、日本語版クラブ公式ツイッターのフォロワー数が劇的に伸びているという。契約前には約29万3,000人だったが、現在は約37万6,000人。日本代表FW安部裕葵と契約したバルセロナの日本語版公式ツイッターも約25万2,000人から約29万6,000人と堅調な伸びを見せているが、バルセロナが1年でフォロワー数を4万人ほど増やしたのに対し、レアルは倍の8万人ほどの新規フォロワーを獲得している。日本における久保の注目度が、抜群に高いことを示すデータだった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO