FOLLOW US

ジョレンテの新たな才能…シメオネ監督はプレシーズンから分かっていた?

セカンドストライカーとして才能を開花させるマルコス・ジョレンテ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するMFマルコス・ジョレンテはディエゴ・シメオネ監督にセカンドストライカーとしてのポジションを与えられ、自身のキャリアで最高の時期を過ごしている。

 シメオネ監督はマンチェスター・Cに移籍したMFロドリの後釜としてジョレンテを起用することは考えず、プレシーズンからセカンドストライカーとしての役割を与えている。これがジョレンテの才能を開花させることとなったようだ。

 スペイン紙『マルカ』によれば、昨年7月23日に行われたプレシーズンのチーバス・グアダラハラ戦でMFとして出場したジョレンテだが、その試合でのミスがセカンドストライカーにポジションを変更するきっかけになったという。

 前線にポジションを移してからはMFトーマス・パルティ、MFサウール・ニゲス、MFコケなどとレギュラー争いをするジョレンテだが、今年2月には初ゴールを決めて自身の存在価値を示している。シメオネ監督はジョレンテの運動量の豊富さを重宝しており、それが前線での活躍に生かされているということだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO