FOLLOW US

若手FWヴィニシウス&ロドリゴがレアル加入当時を回顧「とても大きな責任」

レアル・マドリードのヴィニシウス・ジュニオールとロドリゴ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのブラジル人FWロドリゴとブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールの若手2選手が、レアル・マドリード加入当時を振り返った。17日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2000年7月生まれのヴィニシウスは、2018年夏にフラメンゴからレアル・マドリードに加入。今シーズンはリーグ戦19試合に出場して2ゴールを挙げている。一方のロドリゴは2001年1月生まれで、昨年夏にサントスから加入。今シーズンは12試合に出場して2ゴールを記録している。

 ヴィニシウスは18歳で『サンティアゴ・ベルナベウ』に到着した際のことを聞かれると、「とても大きな責任だった」と語った。しかし、「ブラジルでのほうがもっと苦しんだと思うよ」と述べ、貧しかった幼少期からサッカーをしてきた過去と比較してコメントした。

「僕たちはここにたくさんの荷物を持ってきた。けれど、チームにブラジル人がいることは助けになると思う」

 また、ヴィニシウスより1年遅れてマドリードにやってきたロドリゴは、ヴィニシウスからたくさんのアドバイスをもらっていたといい、「サンパウロとマドリードはとても似ているから、すべてに慣れたよ」と異国の地での生活にもすでに馴染んでいるようだ。

「(マドリードはサンパウロと違って)ビーチがないだけだね。けれどとても似ているし、慣れたからすごく快適だよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA