FOLLOW US

ビジャ、レアル移籍に迫っていた? バレンシア在籍当時を語る「マドリードからのオファーもあったが…」

バレンシアに所属していたビジャ [写真]=Getty Images

 元スペイン代表FWのダビド・ビジャが、自身の過去について語った。27日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 バレンシアに所属していた2008-09シーズンにリーグ戦で28得点を挙げる活躍を見せ、国内外のビッグクラブから注目を集めていたビジャ。結局2010年の5月にバルセロナへ移籍することになるのだが、どうやら当時はレアル・マドリードへ移籍する可能性もあったようだ。以下のように語っている。

「私がバレンシアに所属していた時、スペインとイングランドのクラブから多くのオファーがあった。レアル・マドリードからのオファーもあったが、移籍の実現には至らなかったよ。バレンシアは私が望めば移籍を許可してくれると言ってくれた。もちろん、クラブと選手の意思が合致することが重要だったけどね」

 また、昨年ヴィッセル神戸で現役生活に別れを告げたビジャは、引退について「私自身がより多くの自由を保ち、家で家族と過ごすことが大事だったんだ。それは思慮深い決定だったけど、もう考え直す理由はないよ。新たな冒険を楽しもうとしているからね」とコメントしている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA