FOLLOW US

香川はベンチ、柴崎は退場…サラゴサがデポルティーボ下し首位と勝ち点差1に

香川真司(左)と柴崎岳(右)(写真は過去のもの) [写真]=ムツ カワモリ、Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ2部第29節が23日に行われた。MF香川真司が所属するレアル・サラゴサは、MF柴崎岳所属のデポルティーボと対戦した。なお、ハムストリングの負傷で3試合ベンチ外だった香川はベンチスタートとなった。一方の柴崎は先発出場を果たしている。

 ホームのサラゴサは6分、コーナーキックからのボールを繋いでイニゴ・エグアラスのミドルシュートが決まって先制に成功。しかしその後の12分にはデポルティーボのビクトル・モジェホがヘディングで押し込んで1-1の同点に追いついた。

 サラゴサは32分、エグアラスのクロスにピチュ・アティエンザが頭で合わせて再び勝ち越し。サラゴサが1点リードで試合を折り返した。

 60分、柴崎が相手を後ろから止めると2枚目のイエローカードを受けて退場。アウェイのデポルティーボは1人少ない10人で戦うことを余儀なくされた。

 すると次の得点は数的有利のサラゴサに入る。62分、再びイグアラスのパスからルイス・スアレスがGKの股を通して追加点を挙げて点差を2点に広げた。1人欠いたデポルティーボは攻撃のペースを握れないままそのまま試合を終えた。

 この試合で香川の出場はなく、8試合で負けの無い2位サラゴサは首位カディスとの勝ち点差を「1」に縮めた。17位のデポルティーボは9試合ぶりの敗北となっている。

【スコア】
レアル・サラゴサ 3-1 デポルティーボ

【得点者】
1-0 6分 イニゴ・イグアラス(レアル・サラゴサ
1-1 12分 ビクトル・モジェホ(デポルティーボ
2-1 32分 ピチュ・アティエンザ(レアル・サラゴサ
3-1 62分 ルイス・スアレス(レアル・サラゴサ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA