FOLLOW US

やはりバルサ退団? アトレティコが今季終了後にラキティッチ獲得を狙う

今季終了後のバルサ退団が報じられたラキティッチ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードが、バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチの獲得を目指している模様だ。6日に、スペイン紙『アス』がスペインのラジオ局『カデナ・セール』の記事を引用して報じている。

 現在31歳のラキティッチは、2014年6月にバルセロナへと移籍し、以後は同クラブの中心選手として活躍してきた。だが、今シーズンはエルネスト・バルベルデ前監督の下で急速に出番を減らし、今冬の移籍市場での退団が濃厚と見られていた。

 結果的にバルベルデ前監督が解任され、キケ・セティエン新監督が着任してからは出場機会が増えているものの、ラキティッチの今シーズン終了後の退団は避けられないと言われている。今回の報道によると、クロアチアのベテランMFに対して、リーガ・エスパニョーラのライバルであるアトレティコが獲得を狙っているという。ラキティッチがバルセロナでの現状に不満を抱いていることもあり、アトレティコとしては交渉成立の可能性は十分にあると考えているという。

 バルセロナに加入した2014-15シーズンには、クラブの三冠獲得に大きく貢献したラキティッチ。常に献身的なプレーでチームを支えた“名黒子”だが、今シーズン限りでバルセロナを去ることになるのだろうか。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA