FOLLOW US

カゼミーロ、勝利を逃したクラシコでの疑惑の判定に…「明らかにPKだった」

レアル・マドリードに所属するカゼミーロ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するブラジル代表MFカゼミーロが、“エル・クラシコ”での判定やビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について言及した。19日付けで、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 18日に行われたバルセロナとのリーグ戦にフル出場したカゼミーロは、ペナルティエリア内でチームメイトのフランス代表DFラファエル・ヴァランとバルセロナの同代表DFクレマン・ラングレが接触したシーンを指摘。またVARについて、自身の考えを以下のように語った。

「その瞬間はファウルかどうかピッチ上で疑問だったけど、ハーフタイムにVTRでチェックした。その時は、明らかにPKだったと思うよ。審判団は少なくとも、プレーを確認することはできたはずだ。僕たちは怒りに溢れているね」

「僕は個人的にVARが好きではない。人がミスを犯すからフットボールはより美しくなるし、議論がより面白くする。VARはそれらを許さない存在だね」

レアル・マドリードはゲームをコントロールしていたけど、『カンプ・ノウ』で勝ち点3を獲得するという目標は達成できなかった。言うまでもなく、重要なのはゴールだね。チャンスを作りながらも決められなかったのは残念だよ」

 スコアレスドローで幕を閉じた今回のクラシコを終え、レアル・マドリードバルセロナは勝ち点36で並んでいる。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA