FOLLOW US

レアル、アウェイでアラベスに勝利…一度は追いつかれるも最後は逃げ切り白星

レアル・マドリードがアラベスを下した [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第15節が30日に行われ、アラベスレアル・マドリードが対戦した。

 ホームのアラベスはロングボールを上手く利用し、ゴールに迫るが、決定的な場面を見せることができない。一方のレアル・マドリードも背後を突くパスなどで攻撃を仕掛ける。30分、カリム・ベンゼマの落としからイスコがシュート。これはGKフェルナンド・パチェホが正面で受け止める。更には37分にカゼミーロが強烈なシュートを見舞うが、これもGKのセーブに遭った。

 後半に入り52分、トニ・クロースにセルヒオ・ラモスがドンピシャでヘディングシュート。逸らすように叩き、レアル・マドリードが待望の先制点を手にした。すると65分、アラベスが同点に追いつく。ホセルの顔面にS・ラモスの腕が当たりPK獲得。これをルーカス・ペレスが沈め振り出しに戻した。

 69分、クロスに反応したのはイスコ。これはGKが体を張って止めたが、こぼれた球をダニエル・カルバハルが押し込み、再度リードを手にした。試合終了間際にはCKから立て続けにアラベスがゴールに迫るがGKアルフォンス・アレオラが立ちはだかる。

 後半アディショナルタイムは8分あったものの、その後はゴール生まれず試合終了。アウェイのレアル・マドリードが2-1で逃げ切り勝利した。次節は12月7日に行われ、アラベスはアウェイでグラナダと、レアル・マドリードはホームでエスパニョールと対戦する。

【スコア】
アラベス 1-2 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 52分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード
1-1 65分 ルーカス・ペレス(PK/アラベス
1-2 69分 ダニエル・カルバハル(レアル・マドリード

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO