FOLLOW US

バルサを去ったバルデス氏…関係悪化が囁かれたクライファート氏は「4人の人間が…」

バルデス氏との関係性を問われたクライファート氏 [写真]=Getty Images

 バルセロナで育成部門の責任者を務めるパトリック・クライファート氏が、10月にフベニールA(U-19)の指揮官を解任されたビクトル・バルデス氏との関係性についてコメントした。19日、スペインメディア『マルカ』が報じている。

 フベニールAを率いていたバルデス氏がクラブを去った理由の一つには、クライファート氏との不仲説が挙げられていた。このことについて尋ねられたクライファート氏は、慎重に言葉を選びつつこう語った。

「ネガティブな道を進みたくはないんだ。誰にも危害を加えるつもりはないしね。あの出来事について掘り下げるのは、私にとっても、バルデスにとっても、クラブにとっても良くないことだ」

「何が起こったのかを知っている人間が、4人いる。私から言えるのはここまでだ」

「クラブでは、時に決断を下さなければならない瞬間がある。これ以上、このことで議論をしたくはないんだ」

 現役時代には、バルセロナで共に戦ったクライファート氏とバルデス氏。ピッチを離れた後は、お互いに分かり合うことができなかったようだ。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO