FOLLOW US

バルセロナに痛手…S・ロベルトが左膝内側靭帯の損傷により離脱へ

バルセロナのセルジ・ロベルト [写真]=Getty Images

 バルセロナは19日、クラブに所属するスペイン代表DFセルジ・ロベルトの負傷状況を報告した。

 リーガ・エスパニョーラ第9節が19日に行われ、バルセロナはアウェイでエイバルと対戦。アントワーヌ・グリーズマン、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスのゴールにより、バルセロナは3-0で勝利を収めた。

 この試合に先発出場したセルジ・ロベルトは前半のみの出場に留まり、後半からはポルトガル代表DFネルソン・セメドが投入された。バルセロナはセルジ・ロベルトについて「左膝の内側靭帯を負傷した」と報告。離脱期間は明かされておらず、「いつから、練習に戻ることができるのかは、今後の回復次第になる」とした。

 セルジ・ロベルトは今季、リーガ・エスパニョーラ8試合とチャンピオンズリーグ2試合の計10試合に出場。バルセロナは次節、26日にレアルマドリードとの”エル・クラシコ”が開催される予定であったが、カタルーニャ州の治安の不安により延期が決定している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA