FOLLOW US

レアル主将S・ラモス、ダービーでドローもチームに手応え「良い時期を過ごせている」

[写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、28日に行われた“マドリード・ダービー”について言及した。28日付けで、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 リーガ・エスパニョーラ第7節、アトレティコ・マドリードのホーム『ワンダ・メトロポリターノ』で行われた同試合はスコアレスドローに終わった。主将としてフル出場したS・ラモスは試合後、以下のようにコメントしている。

「ここは最も難しいスタジアムの1つだったから、まずはクリーンシートで終えることが重要だったよ。しかし攻撃においては、こういった試合ではあまりスペースが生まれない。チャンスを作るのは難しかったね」

「僕たちは勝ち点3を望んでいた。ただ、ここ数週間でレアル・マドリードのプレーは改善されている。僕たちはしっかりトレーニングに励んでいるからね。今回は良い結果ではなかったけど、チームとしては良い時期を過ごせていると思うよ」

 レアル・マドリードの次の試合は10月1日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージでクラブ・ブルージュをホームに迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO