FOLLOW US

J・フェリックス、やはり憧れるのは同胞の先輩「クリスティアーノのように…」

今季からアトレティコでプレーするJ・フェリックス [写真]=Getty Images

 今夏、ベンフィカからアトレティコ・マドリードに移籍したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが、目標とする選手について言及した。31日付でスペインのスポーツ紙『アス』が報じている。

 昨シーズン、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)とUEFAヨーロッパリーグで活躍し、クラブ史上最高額となる1億2600万ユーロ(約152億円)の移籍金でアトレティコに加入したJ・フェリックス。彼はポルトガル代表の“先輩“にあたるクリスティアーノ・ロナウドを、自身の目標としているようだ。

「クリスティアーノは、5回もバロンドールを獲得した。これは驚くべきことで、すべての選手の夢だ。もちろん僕も、クリスティアーノになりたいと思っているよ」

 またJ・フェリックスは、かつてC・ロナウドが活躍したリーガ・エスパニョーラへの移籍を決めた背景についても言及している。

「アトレティコにはいつも素晴らしいストライカーがいたね。ディエゴ・フォルラン、ラダメル・ファルカオ、フェルナンド・トーレス、アントワーヌ・グリーズマン……。彼らが築いてきた歴史が、僕を『ワンダ・メトロポリターノ』へ導いてくれたんだ。僕も素晴らしいストライカーになれるよう頑張るよ」

 退団したグリーズマンが着けていた、そして目標とするC・ロナウドも背負う「7番」に袖を通したJ・フェリックス。アトレティコサポーターの期待に応えられるか、注目が集まる。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA