2019.05.14

リヴァプールの元キャプテンが言及「コウチーニョはバルセロナで愛されていない」

フィリペ・コウチーニョは、バルセロナで思うような活躍ができずに苦しんでいる [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールの元キャプテンであるフィル・トンプソンが、バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの現状に言及した。イギリスのスポーツ専門チャンネル「スカイスポーツ」が報じている。

 1970年代から1980年代にかけて黄金時代を迎えていたリヴァプールでキャプテンを務めた経験もあるトンプソンは、リヴァプールからバルセロナに移籍したものの苦しいシーズンを送っているコウチーニョについて「リヴァプールに戻るべき」と持論を述べた。

バルセロナでのコウチーニョは、リヴァプールに所属していた時のように愛されていない。もしリヴァプールに復帰すれば、ユルゲン・クロップのチームで高い創造性を発揮することができるだろう」

 スペインで思うような活躍ができていない“後輩”に対してアドバイスを送ったトンプソン。果たして、コウチーニョはリヴァプールに戻るという決断を下すのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング