FOLLOW US

リヴァプールの元キャプテンが言及「コウチーニョはバルセロナで愛されていない」

フィリペ・コウチーニョは、バルセロナで思うような活躍ができずに苦しんでいる [写真]=Getty Images

 リヴァプールの元キャプテンであるフィル・トンプソンが、バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの現状に言及した。イギリスのスポーツ専門チャンネル「スカイスポーツ」が報じている。

 1970年代から1980年代にかけて黄金時代を迎えていたリヴァプールでキャプテンを務めた経験もあるトンプソンは、リヴァプールからバルセロナに移籍したものの苦しいシーズンを送っているコウチーニョについて「リヴァプールに戻るべき」と持論を述べた。

バルセロナでのコウチーニョは、リヴァプールに所属していた時のように愛されていない。もしリヴァプールに復帰すれば、ユルゲン・クロップのチームで高い創造性を発揮することができるだろう」

 スペインで思うような活躍ができていない“後輩”に対してアドバイスを送ったトンプソン。果たして、コウチーニョはリヴァプールに戻るという決断を下すのだろうか。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA