FOLLOW US

プレミア移籍の噂があったものの…エンリクがエイバルと2022年まで契約延長

契約を更新したセルジ・エンリク [写真]=Getty Images

 エイバルはスペイン人FWセルジ・エンリクと2022年までの契約更新に至ったことを、10日にクラブ公式サイトで発表した。

 2015年からエイバルに所属するエンリクには、ワトフォードやノリッジがオファーを出しており、プレミアリーグでのプレーも考えたが、最終的にエイバルに残ることを決断した。

 エンリクは、「すごく幸せだよ。このユニフォームを着ることに誇りを感じているし、これからもこのクラブのために全力を尽くしたいね」と喜びを語り、次のように続けた。
「僕が去る可能性があったのは事実で、一部の人は僕が移籍すると思っていたけれど、僕はここに残ることにしたんだ。サッカーにおいてはお金がすべてじゃないし、幸せであること、なによりクラブに評価されていると感じられることが重要だね。ここではクラブからもファンからも愛されていると感じられるんだ。この先も一緒に素晴らしい事を成し遂げていきたいね」

 また、同選手はエイバルでの4年間で選手としても人間としても大きく成長したことを強調している。「1部リーグでプレーし続けるという目標を達成できた。人間としても成長できたと思っているよ。エイバルはこの仕事を楽しむためのすべてをくれた。僕たちはファミリーであり、みんなが平等なんだ。この先何年もそうじゃないといけないと思っているよ」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA