FOLLOW US

最下位相手にまさかの敗戦を喫したレアル…ジダン監督「怒っている」

低調なパフォーマンスを謝罪したレアル・マドリードのジダン監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が試合を振り返り、不振のチームについて語った。イギリス紙『デイリーメール』が28日に伝えている。

 レアル・マドリードは、28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節でラージョ・バジェカーノと対戦した。23分に先制を許すと、カリム・ベンゼマを負傷で欠くレアルは得点が遠く、最下位を相手に0-1で完封負けを喫した。

 ジダン監督は、低調なパフォーマンスを見せたチームに対し落胆や怒りのコメントを残した。

「我々はゴールを決めることに失敗したが、それだけではなかった。最初から最後まで何も生み出すことができなかった。得点を記録することが不可能な場合もあるが、それでもチャンスをつくることはできる。しかし、今夜の我々はできなかった」

「我々は怒りを感じているし、私も怒っている。選手だけではなく、私にも責任がある。我々のパフォーマンスについて謝罪します。今夜は全ての面で欠けている部分があった」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA