FOLLOW US

レアル、2018年の公式戦最多得点はC・ロナウド…夏退団もベイル超え

C・ロナウドがレアルの2018年公式戦トップスコアラーに [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、今夏まで在籍していたレアル・マドリードの2018年公式戦トップスコアラーとなった。スペイン紙『マルカ』が30日付で伝えている。

 C・ロナウドは、2017-18シーズン限りでレアル・マドリードを電撃退団し、ユヴェントスに活躍の場を移した。つまり、2018年にレアル・マドリードで記録したゴールは半年間におけるものであるにもかかわらず、同紙によるとこれが「28」を記録。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの年間27得点を上回り、なんとチーム内最多となった。

 その他では、フランス人FWカリム・ベンゼマが年間18得点。主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが10得点、同代表MFマルコ・アセンシオと同代表MFイスコがともに8点ずつを決めている。C・ロナウド以外の5選手についてはみな40試合以上の出場での得点数となっているが、C・ロナウドに関しては22試合出場28得点であり、まさに異次元のペースでゴールを量産していた。

 C・ロナウドが去ったレアル・マドリードは、2018-19シーズンの序盤戦でつまずき、フレン・ロペテギ監督の解任という事態に陥った。上記のデータによっても、同選手への依存度が高かったことが明らかになっている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA